めいの大失敗!体重管理-その①-

皆さんこんにちは!

 

 

 

皆さんがお子さんを授かったのは結婚前ですか?結婚後ですか?

私は息子を妊娠したのは、結婚式を挙げてから1年後の事でした。

 

 

 

夢に夢見ていた夫との結婚がようやく決まり、結婚式は自分が納得する完璧な姿で挑むと決めた私は、食事制限をしたり、ブライダルエステに行ったりと体を絞りに絞りこんだ結果、式に参加してくれた長年の友人に「めいの鎖骨があんなに出てるの初めて見た」と言われるまでダイエットに成功しました。

自分の理想通りに執り行った結婚式は大満足に終わり、翌日から私の食欲のタカが外れます。

 

 

式後に行った新婚旅行先の海外では1日5食たいらげ、ダイエット中に我慢していた好物のチョコミントアイスをそれはもう本当にアホなのかという程食べまくりました。

 

 

 

帰国後、体重計に乗りました。3kg増。

 

「まだ標準体重より低いし、余裕~♪」と思いました。

 

 

 

その後も私の食欲が勢いが止まらず、あの時期に名前をつけるなら、どか食いのさらに上を行く「どっか食い」と言っても大げさではない食べっぷりだったと思います。

 

 

 

結婚式から半年後、6kg増。

標準体重より少し上を行っていました。まぁ「テヘへっ」くらいにしか思っていなかったです。

 

 

タカが外れまくってますねぇ。

 

時が流れ妊娠が発覚。

 

 

つわりもほとんど無く、快適な妊婦生活を送ります。両家ともに初孫で、それはそれは大事にされ、同時に美味しいものも沢山与えられた私は、既に標準体重を上回っているにも関わらず与えられたものをポイポイ口の中に入れ頬張ります。

 

 

昨今の妊娠時の適正体重が+7~8kgだと知るのはまだまだ先の話で、バコバコ食べて妊娠4ヶ月が経ちました。(2014年ごろの話です。)

 

結婚式から1年4ヶ月、12kg増。

 

 

妊娠してからは6k増です。

 

 

 

幸か不幸か、私が通っていた産科は、体重管理に厳しくない先生でしたので「夜に果実を食べると太りやすいから控えてね」と言われる程度でした。「分かりました!」と元気に返事をし、夜以外はひたすら食べまくる日々。

※某メディアで書いたとんでもない産科医は里帰り先の先生です。こちらの先生は自宅近くの

婦人科医で優しい良い先生でした。

 

結局臨月の頃には、式から22kg、妊娠してからは16kg超えていました。ぎえー!

 

 

 

こうなって来ると、子供も大きくなって分娩時大変な事になるんじゃないかと今なら分かりますが、当時私は強気でした。つわりもなく、検診も問題無し。とても充実した妊婦生活を送っていたので「たぶん出産もスポンと生まれる気がする!」とどこかで自信を持っていました。

 

 

 

後に自分の愚かさに悶絶する事も知らずに。

 

あぁ愚か。

 

続く!

 

1+



     
 



同じカテゴリの記事